セラミック板焼き網

Instagramで見かけたトーストを焼く網。

ほしい気持ちはあったけれど、目にするのはおしゃれなインスタグラマーさんが使っている整えられた食卓やシーンのものが多くて、尻込みしていました。それに、きれいにコーディネートされた食卓に乗ったトーストとともに添えられた「おはようございます」から始まるだれかの投稿を見ては、遠い世界の話だなあ、とも感じていたんです。わたしはテーブルコーディネートが苦手だし、わざわざトースト用の網なんていらないじゃん、なんて強がってみたりして。

だけども、我が家にはトースターがありません。パンを焼きたいときは魚焼きグリルやフライパンで焼いていました。パンを焼く器具があったらいいよなあ、と思ってはおしゃれなInstagramで見かけた写真を思い出して、やっぱりやめたを何度も繰り返して、数ヶ月悩んだ末に網を買うことにしました。

理由はお正月のお餅を焼く網がボロボロになったから。トーストの網はいらないと思ったのにお餅を焼く網は持っているのか、とつっこみたくなるけれど、持っていたんです。実家で使っていたものと同じ形のお餅専用の網。でも随分と前に買ったもので、現在主流のSiセンサー付きのコンロには非対応だったり、そら豆に塩を振って焼いた後から絶えず出てくる燃えカスが気になっていたりしました。

だからもういっそのこと、お餅もトーストも他のものも焼ける網を買ってしまえばいいじゃないか。

ということで購入したのが、こちらの網。

セラミック板焼き網、という名前で販売されていました。わたしが購入したのは22cmの大きめサイズ。パンを1枚置いても余裕があります。パン2枚乗せてもギリギリ入る大きさです。2枚で焼くと少し焼きムラはできるけれど。

それと、焼き加減を下から覗くこともできるのもすごく楽しいです。ずっと見てられるし、チェックしていれば焼きすぎる心配もありません。(もちろん目を離して放置したら焦げます。)

使い終わったあともトーストの場合はサッとパンくずを払うくらいの後片付けでよいのだそう。かんたん。熱がとれたらそのままキッチンに立て掛けるだけで様になるのもいいなと思っています。

お餅を焼くときにも大活躍です。今年のお正月もたくさんお餅を焼きました。焼きたてのお餅って何個も食べられちゃう気がするんですよね。

もちろん、網を使ったからといっておしゃれな食卓になるわけではないし、よく見るインスタグラマーさんみたいな写真が撮れるわけではありません。でも、焼き網を手に入れたことで気軽にパンを焼いて食べる楽しみが増えました。

網目に沿った四角い焼き目を見ると、なんだかおいしそうな感じがするところも好きです。

おしゃれな食卓とは遠い世界にいるわたし。おしゃれさをだれかと比べると今も引け目を感じるけれど、焼きたてのトーストがおいしいからそれでいいじゃないですか。

カリッと焼けたパンを大胆にかじって、頬張る。じゅわっと染みたバターの塩気とジャムの甘み、それとトーストの香ばしさが口の中に広がっていく……。

そんなふうにおいしいものをおいしいと味わえる時間があれば、わたしは今日もしあわせです。

このページで紹介したアイテム↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
セラミック焼網 大
遠赤外線効果でまろやかに焼ける、セラミック焼き網

以下はわたしが購入した『北欧、暮らしの道具店』のリンクです。↓

価格 1,540 円 (税込)
EC https://hokuohkurashi.com/product_contents/423

--

記事内の情報は最新のものではない場合があります。最新の情報は公式サイトや公式SNSなどでご確認をお願いいたします。
 


WRITER:トモイカナ
KOIKINA案内人。主に書いていました。特別でも高価でもないけど心地よい生活のものを紹介しています。 詳しくはABOUTページにて。
Scroll to top