おこめのクレヨン

先日お店で見つけて「こんな商品あるんだあ!」と驚いたのが、この”おこめのクレヨン”です。

主原料が米ぬかからつくられているライスワックスと呼ばれるもので、安全性の高い顔料を使って発色しているらしく鮮やかなのに安心。なんでも口にしたがる年齢のお子さんにも安心して握らせられるクレヨンです。(ちなみに全然おいしくないらしいので、間違って食べてもしまっても「クレヨン=おいしくない」と学習してくれるはず。)

もともとは”おやさいクレヨン”という商品があって、おこめのクレヨンはそれに続くもの。

こちらが『おやさいクレヨン』。

おやさいクレヨンもとってもすてきな商品だけど、ギフトにするはじめのクレヨンはスタンダードな色がそろっていたほうが使いやすそうだなあと今回は”おこめのクレヨン”を選びました。

おこめのクレヨンに入っている色は16色。

16色あれば、だいたいのお絵かきは楽しめるはず。

画用紙ではなく普通のノートに描いてしまったのでわかりにくいかもしれないですが、発色はすごくしっかりしている印象です。描き心地もひっかかりなどなく、するする描けます。クレヨンというよりサクラクレパスのクーピーのような、なめらかな描き味だと思いました。

製造しているのは愛知県名古屋市にある60年の歴史を持つクレヨン工場です。職人さんが丁寧につくっているとのこと。

ちなみに、こんなふうにゴムも付属されているので……

ゴムをかけて閉じておくこともできます。これがないとパカパカふたが開いちゃって、クレヨンが雪崩れてしまいそうです。

おしゃれな本やDVDのような背表紙。立てて片付けてもかっこいいデザイン。

裏には商品説明と注意書きがあります。英語でも書かれているので海外の方へのおみやげなどにも親切だと思いました。

これからの時期の卒園祝いや入園、入学祝いはもちろん、お子さまへの誕生日プレゼントなどにぴったりです。

取扱店舗については、公式サイトにてご確認をお願いいたします。

公式オンラインショップは楽天とBASEにて展開しているとのこと。下記に楽天のリンクを貼っておきますね。

お米の油とライスワックスが主成分の顔料による発色鮮やかな16色のクレヨン。万が一、口に入れても安全。

 

価格
相手
HP
EC
SNS

WRITER:tomoi
KOIKINA案内人。主に書いています。新潟出身、今は東京でフリーランス。昭和の終わりに生まれました。お花は好きだけど、花束は苦手です。 詳しくはABOUTページにて。