コロコロクッキーサンド – コンディトライミーネ –

わあ、なんだこれ!

初めてコンディトライミーネさんの『コロコロクッキーサンド』を知ったとき、そう思いました。

クッキーに対して挟まっているクリームの割合が多くて、ころころとかわいいフォルム。お手土産で持っていったら、きっと驚くだろう見た目のインパクトもあります。

結構甘いのかな? と思ったのですがそんなこともありません。今回わたしが購入したのは”きなこもち”と”濃い抹茶と黒豆”の2種類ですが、どちらも甘さが控えめ。ボリューミーなのにパクパクっと食べることができました。

きなこもちは、きなこと黒豆の甘みにやさしさを感じます。素朴でやさしいのに、新しい。

しかも食べ進めると中にはお餅が入っています。お餅とクッキーの組み合わせは新しいけど、意外と合うんだなあとびっくりしました。さくさくクッキーとむちむちおもちはケンカしません。最後に黒蜜にも出会ってさらに驚きです。

続いて濃い抹茶と黒豆。抹茶はほろ苦さがあって「甘い!」とは感じません。クリームの中に入っているアーモンドや粒チョコが食感のアクセントとなって、食べていて飽きることもありませんでした。

がぶりと大きく食べるとさわやかな抹茶の苦味と、実はクッキーに敷かれているホワイトチョコレートの甘さ、そして黒豆のやさしさが一気に押し寄せてきます。

ほかにも”ほうじ茶ラテ”や”大人のラムレーズン”、”三種のベリー”など彩りゆたかなクリームが挟まるコロコロが毎日5種類ほど販売されています。

じゃあどうして2種類しか写っていないのか、というと人気すぎて割と早い時間になくなっちゃうんです。この日は13時くらいにお店に行って、この2種類がギリギリ買えたくらい。お店は売り切れしだい閉まっちゃうので、絶対買うぞ! というときは午前中に行ったほうが良さそうです。

お店の場所は静岡県三島市。通販やお取り寄せの対応はしていないとのことで、お店に足を運ばないと買うことができません。そんな希少性も、もらったときちょっとうれしくなってしまうポイントだと個人的に思います。

“小高い丘の上にある小さなお店”の説明通り、お店は坂の上あります。JR三島駅の南口からは、バス停6番の【富士見台行】バスに乗って10分ほどで着く西旭ケ丘停留所で降りれば目の前です。駅から歩けない距離ではないけれど、途中の歩道が狭いのではじめての方はバスのほうが安心だと思います。

お店に並ぶコロコロの種類は日によって異なるので、最新情報はぜひお店のSNSでご確認を。

箱に添えてある絵もかわいい。

2個で1セット。なのでひとりで全部食べようとすると結構なボリュームを感じます。

食べたあとのしあわせもいっしょに贈りたい、かわいくて満足感たっぷりのお菓子です。

価格 きなこもち:699円 / 濃い抹茶と黒豆:678円(どちらも税別)
日持ち 要冷蔵で10日ほど
相手 家族、自分、親しい友人
HP http://konditorei-mine.jp/
SNS